スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州北部豪雨

九州北部豪雨で福岡県に住む自分の周辺も結構えらいことになってました。

いつもは鏡のように静かな川面も、、
DPP2_3364.jpg

↓ 
なんか見たことないぐらい荒れる。
DPP2_3368.jpg


いつもは整然と並んでる水田も、、
DPP2_3365.jpg


水が溜まりすぎて何も見えなくなってる。。
ってか、道路が途中で無くなってる。
DPP2_3369.jpg

近所に飼われてる山羊も高台に逃げ出す始末。
DPP2_3370.jpg

知り合いの家が流されただの、GT-Rが水没して全損だの、農作物が全滅だの身近だけでも結構な被害がでてた。ここまでひどい雨は記憶にないんだけど。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

坊がつる行ってきた(大船山、平治岳、三俣山)

6月上旬といえばミヤマキリシマの見頃のはずなので、坊がつるでテント泊し九重連山にミヤマキリシマを見に行った。(6/2~6/3)
一日目 長者原駐車場~雨ヶ池~坊がつる~大船山~平治岳~坊がつる
二日目 坊がつる~法華院温泉~諏蛾守越~三俣山(西峰、南峰)~坊がつる~雨ヶ池~長者原駐車場

長者原駐車場、今後の行く末を暗示するような雲行き。
曇との天気予報だったが、なんか降りそうな予感が。。この夜的中するんだけど。。
DPP2_3253.jpg

道中に咲いていた花々。3月に行った時は当たり前だけど、特に何も咲いて無かったのに。
DPP2_3257.jpg
DPP2_3258.jpg

雨ヶ池。この時はいっとき降っていなかったからか乾いていて、下に降りることができたのでここで一日目の昼食。
DPP2_3260.jpg

坊がつるキャンプ場に張ったテント、モンベル製だけあって同じ型のがいっぱい。
同じモンベル製でもステラリッジは更に多い。。
DPP2_3301.jpg

大船山山頂。ガスが出てきてだんだん雲行きが怪しくなってきた。。
降らないでくれと思いながら平治岳へと歩みをすすめる。
DPP2_3249.jpg

平治岳の麓にきたところで天候がいよいよ崩れてきて、せっかくミヤマキリシマが群生しているとこに来た頃には雨と風にさらされるハメに。ここは道がわかりにくくて迷ったので、どちらかと言うと平治岳から大船山に回った方がいいと思った。
DPP2_3266.jpg

坊がつるに帰ってきて冷えた体を温めるために行った法華院温泉山荘の売店。
温泉は500円程度で入れるけど、それほど広くなく結構ぎゅうぎゅうだった。
DPP2_3251.jpg

夕食のカレー。写真写りが悪くて、ぜんぜん美味しそうに見えないけど、腹がへっててさすがに美味しく感じた。
DPP2_3252.jpg

翌朝晴れるのを待ってこの日は三俣山巡りに。
DPP2_3269.jpg

法華院温泉山荘を超えたあとの荒野のような感じの道中。諏蛾守越まで後少し。
DPP2_3274.jpg

三俣山山頂から久住山方面を望む。このあたりから快晴になってきてかなり気分良くまわれた。
DPP2_3281.jpg

三俣山から坊がつるへと下山する間にミヤマキリシマが群生していたので平治岳をバックに。
平治岳の方が密生しているようだけど、こちらでも十分鑑賞できたのでよしとする。
DPP2_3291.jpg

坊がつるに帰った後は放置していたテント一式を回収して長者原に帰還。
一日目は天候がろくでもなかったけど、二日目は晴れてミヤマキリシマを堪能できました。
DPP2_3292.jpg

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

開聞岳登ってきた(ついでに池田湖も)

前日に屋久島から薩摩半島行ってたので、この日(5/3)は開聞岳に登ってきた。
コースタイムは登山道入り口(6:10)~山頂(8:20-10:20)~登山道入り口(11:30)

せっかく前日から現地で待機していたというのに非常に残念な感じの開聞岳。
これは、、眺望は望めんかもなぁと思いながらとりあえず登っていく。
DPP2_1709.jpg

開聞岳登山道の入口。でかでかと注意書きが書いてある。もともと人気もあり、アクセスもいいので軽い気持ちで来る人も居るんだろう。
そういや、屋久島いた時聞いた話に、夕方から上り始めたのにヘッドライトや懐中電灯も持って行かない人が居るとか行ってたな。。
DPP2_1689.jpg

途中から太陽が顔をのぞかせて来て一安心。
このまま晴れてくれんやろか。。
DPP2_1693.jpg

途中に有った仙人洞とかいう洞穴。仙人洞かどうかはともかく登山道のすぐ隣にあるので、
ちょっと注意が必要。
DPP2_1694.jpg

それほど大きくは無いんだけども。
DPP2_1695.jpg

そんなこんなで山頂に。やはりというか残念というか眺望は開けてない。。
よく来るという人が居たので話を聞いてみると、この調子だと晴れるから待つと良いよと聞いたので、
このまま待つことに。
DPP2_1712.jpg

30分ほど待つとだんだん晴れてくることもあるようになったので、晴れる瞬間を狙って写真を撮る。
5分に10秒とかそんな感じ。油断してると見逃したりして結構シビア。
DPP2_1698.jpg

延々とガスが晴れるのを待ち続ける旅行者たち。
暇だったのでいろいろ話してたけど、ほとんどの人が関西より東から来てる。
しかもバイクや車とかでよく来るなー。
DPP2_1697.jpg

降りてみたら結構晴れてるっていうね(泣)
DPP2_1690.jpg

近くに居た売店のお姉さんに聞いて食べに行った蕎麦屋。名前が。。
なんかやたらこのあたりの事に詳しいなぁと思ってたら指宿市役所の職員の方で繁忙期なので駆りだされてるのだと。どうりで詳しいわけだ。たまたま蕎麦屋でも一緒になったので、更に色々このあたりの話を聞かせてもらいました。
DPP2_1691.jpg

そばを食べながら教えていただいたせびら自然公園に行く途中にあった、花瀬望比公園という場所。
戦争中にルソンやレイテで戦死した方たちを想って作られた公園なのだそう。
開聞岳も近く砂浜や公園自体も美しいのにガイドブックなどには乗ってないのはやはり戦争関連だからだろうか。
薩摩半島には知覧町もあるのでもうちょっと有名になってもいいんじゃないかって気もする。
DPP2_1702.jpg

せびら自然公園からの1枚。絵葉書にもなるほど有名な構図。
山頂に居るときは忌々しかった笠雲がここでは良い具合に。コレなかったら本当によくある写真になるし。。
DPP2_1703.jpg

そのまま池田湖に。数回来たことあるはずだけど、ちっとも誰と来たのか思い出せない。
一度は兄だと思うんだけど。。他の数回はだれだったっけなー。思い出そうとばかりしてた。
それにしても、イッシーとか懐かしいにも程がある。こういうのは居ると思ってた方が楽しいよね。居ると思う思わない以前に、殆どの人から忘れられてる気もするけど。ネッシーもどうなったんだ?
DPP2_1710.jpg

池田湖と開聞岳。遠景過ぎて今ひとつ映えない。
もっと離れて望遠で撮ると近く見えるかもしれないけど、そんなスポットなさそうだしなぁ。。
DPP2_1711.jpg

開聞岳全景。九州で最も美しい山は開門だけだと思う。
単体でも均整取れてる上に、海沿いにあるのも良い。
DPP2_1704.jpg

いい加減疲れたので砂に蒸されました。
かなり気持ちいいけど15分ぐらいしか入れない。。正直、30分ぐらいは入らせて欲しいです。長風呂好きとしては15分は短い。
DPP2_1708.jpg

長崎鼻からの1枚。一人で来るところじゃない感じが結構ありました、どう考えてもデートスポットです。本当にありがとうございました。
DPP2_1705.jpg


しかし、薩摩半島はいいとこですなー。また来たい。
また、連休取れれば屋久島、薩摩半島ツアーやりたいとこだけど、いつになるやら。。

屋久島ついでに薩摩半島いってきた

この日(5/2)で屋久島から九州に帰り、そのまま薩摩半島旅行に行きました。
午前中屋久島をぶらぶらした後、トッピーに乗って鹿児島市に帰ってそのまま指宿に行き、翌朝開聞岳に登るために開門ふれあい公園で野宿というプラン。
もうなんか、今頃更新かって話になってきたぞ。。

相変わらず、水の美味しさを主張する蛇口。この蛇口から美味しい水が出るとは。。注意書きが無かったら普通は飲もうと思わないかと。
DPP2_1675.jpg

酒がまわって眠れずにゴロゴロしていると月と山が良い感じになってたので、撮ってみた1枚。
山の影と輝く月が対照的。
DPP2_1678.jpg

翌朝同じ山を見てみると、今度は月の代わりに虹がでていたのでまた1枚。
夜は月、日中は虹で楽しませてくれるとはいい時にいいとこに泊まったもんだ。。
DPP2_1679.jpg

宿がある場所から少し歩いたとこにある宮之浦川。
山から降りたこの日は晴天という皮肉っぷり。とはいえ山の方は天候悪い可能性大だけど。
DPP2_1680.jpg

カヤックを楽しんでいる人たちもいて羨ましかった。
インフレータブルだと安いの有った気がするからカヤック買おうかと思ってしまう。。
DPP2_1681.jpg

お土産などを物色しながら、時間を潰しているとトッピー出航の時間になったので、宮之浦港に。
疾走してくるトッピーを撮影。水中翼船なので移動中は浮いてて、低速になるとしっかり高度が落ちる。
よこから見てると結構早いもんだ。
DPP2_1682.jpg

鹿児島港につくと、隣接しているドルフィンポートで腹ごしらえ、適当に店探して鹿児島らしく黒豚とんかつ定食を食す。
DPP2_1685.jpg

腹ごしらえした後は一路指宿に、、途中で道の駅指宿によって焼鳥食べてたら鳶に襲われましたw
人間なのに。あいつらなかなか図々しいことで。
DPP2_1684.jpg

山にいる時からずっと温泉に入りたかったので、ようやく念願の温泉に。
せっかく指宿にいるので、砂むし温泉に入ろうと思ったけど、昼間だけらしいので、今日のところは普通の温泉に。適当に入った「ヘルシーランド たまてばこ温泉」ってところだけど、ちょっとありえないレベルで眺望が素晴らしかった。九州でも1,2を争う眺望の良さだと思う。
DPP2_1676.jpg

正面には錦江湾、左手には竹山という急峻な山、そして右手には薩摩富士と言われる開聞岳!
「他のお客さんの迷惑にならないように撮影してください」とか言う、ちょっと他の温泉では見かけない張り紙があるぐらいだった。確かに、写真撮りたくなる気持ちはわかる。自分も撮ったしw
DPP2_1677.jpg

このあとは開門ふれあい公園にいって、車中泊しましたとさ。
旅してる感じのバイクとか、キャンピングカーとかが結構いかにもGWっぽかった。

屋久島縦走(宮之浦岳)に行ってきた4日目

四日目(5/1)は下記のようなコース。最終日ということもあり、歩いてる時間は短め。
淀川小屋(8:45)~淀川登山口(9:30)~紀元杉バス停(10:20)。

昨日までの時間で出発するとバスの時間に早すぎるので、ちょうどいい時間になるまで待ってると救急隊員の方々が。リアルに岳の話だなぁと思いながら見てた。自分も他に誰も居なかった黒味岳とかで怪我してたら結構大変な事になってたよな。。
DPP2_1639.jpg

紀元杉バス停までの道中。朝もやがかかって森全体が輝いて見える。昨日がこんな天気だったら良かったのにと思いながらのんびり進む。まだ帰りたくないなぁってのもあったけど。
DPP2_1642.jpg

淀川登山口入り口。三日前に白谷雲水峡に入って以来ようやくアスファルトを見ました。長かったなぁ。。
十分自然を堪能させてもらったので募金してから進む。
DPP2_1643.jpg

一緒に行ってた方に教えていただいた杉。名前忘れた。。。淀川登山口から道路を横切って少し森に入った先にあったような?
DPP2_1644.jpg

なんかもう終わった感がある頃に見ることができる紀元杉。周りに木道が敷設してあり周囲を回ることができる。
最も行きやすい有名な杉になるんじゃないかな?
DPP2_1650.jpg

屋久杉自然館にて。以前トロッコ道で使用されていた列車が展示されている。
色といい若干時代を感じるなぁ。。
DPP2_1652.jpg

もののけ姫に出てきたアレの看板。太鼓岩行きそこねてた事を思い出した。
自然館の方も気が利いてるけど。これってアリなのかな。ディズニー程では無いにしろどうなんだろ。
DPP2_1653.jpg

途中で同行した偶然となり町の方達にそのまま便乗させてもらい、降りた後は何はともあれ腹ごしらえに。
がっつりしたものが食べたいのになかなか良い具合の店が無かったので、結局屋久島いわさきホテルのランチへ。
モッチョム岳が見えるレストランでのステーキは3日以上ろくな物食べてなかったのもあって、最高の味でした。
こんなに美味しく感じるのは何時ぶりだろ・・・
DPP2_1655.jpg

トイレに「きじうち」とか書いてあって気が利いてるw
DPP2_1668.jpg

さらにそのままドライブに連れて行ってもらって、今度は平内海中温泉に。
男女で分けられてる手前の大きいのと、海のそばにある混浴のとこと2種類ある。
あまり人も居なかったので、迷わず海のそばの方に。お湯はやや集めでとくに塩辛くもなく。
海の中に入ってるみたいでちょっと変な感じがする。また、眺望は素晴らしい!
DPP2_1656.jpg

大川の滝。屋久島で有名な滝らしくひとがいっぱい居た。
もっと至近距離から撮りたかったけど、水しぶきがひどくてレンズに悪そうだったのでほどほどで。
DPP2_1659.jpg

西部林道で我が物顔で道路に居座ってたヤクザル。
群れでいるし近づくと危ないので、遠距離からズームで撮影。
若干今までみた猿より顔つきが違うような。
DPP2_1661.jpg

永田浜での1枚。ドラマとかにありそうなシーン。本当にありがとうございました。完全に無関係な人たちだけど。。
山から同行してた方たちはここの民宿に泊まるとのことなので、帰ったら山に行きましょうと言ってここでお別れ。この方たちに知りあえて本当に良かった。すれ違ったら近所の人だったとかあるんだなぁ。。他の人みんな九州ですら無かったのに。
DPP2_1663.jpg

急遽泊まることになった民宿「八重岳」。
一番の印象は白谷雲水峡から来てるらしく水が本当に美味しかったこと。ちょっとありえないレベル。これだけ蛇口の水が美味しかったら自動販売機に置いてあったいろはすとか誰が買うんだろ?
DPP2_1664.jpg

近所にあった一風堂からクレームが来たのか消されてしまった、焼肉一風。別の看板は一風堂のままだったから、最近変わったんだろう。
DPP2_1669.jpg

その日の夕食に入った洋食の店、寺田屋。
ここもかなり美味しく感じた。のんびり食べてまともな食事の美味しさを堪能しました。
DPP2_1670.jpg

思いがけなくドライブに同行させてもらって、徒歩では半ば諦めてた行きたかった場所(海中温泉、大川の滝、永田浜)に行けてこの日も思ってたよりずっと楽しい一日になった。
ホント偶然ってあるもんだな。。
プロフィール

Author:ひまむら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。